Latest Posts

Giving Thanks

happy-thanksgiving

Now and always, we’d like to thank you, our customers, our friends and our families for supporting our business.  Wishing you and your family all the best and Happy Thanksgiving.

Cost Segregation – A Tax Solution for Real Estate Owners

Tax Solutions for Real Estate Owners

Rising tax rates, changes in regulations, and a turbulent economy require company leaders and their advisors to constantly investigate short and long term strategies to support growth initiatives. The ability to leverage investments and government regulations may determine how your business will … Continue reading

Tax Bites: Accelerating Deductible Expenses to Save Taxes

Smart timing of deductible expenses can reduce your tax liability, and poor timing can unnecessarily increase it. When you don’t expect to be subject to the alternative minimum tax (AMT) in the current year, accelerating deductible expenses into the current year typically … Continue reading

Year End Tax Prep for 2014 Tax Returns

「年末に絶対しないといけない税務申告の準備項目」 そろそろ感謝祭、クリスマスと続くアメリカのホリディシーズンですね。年が明けると、すぐに税務申告のシーズンがやってまいります。年明けというのは、いろいろ忙しい時期です。そんな時期に、税金の準備であたふたしないように、このホリデイ・シーズンを利用して、年末までにしておきたい税務申告の準備についてご説明します。 納税者の準備: 海外の情報の取得    日本にある賃貸物件の収支、固定資産税の支払い記録、日本の金融講座の情報(最高残高、利子所得、配当所得)、住民税の支払い記録などを集める作業を開始することをお勧めします。特に日本に年末に戻られる予定がある場合はなおさらです。これらの情報は、税務申告には必要なものです。早めにアクションを取りましょう。なかには取得に時間がかかるものがございます。また、2014年度に10万ドル以上の贈与、相続を受けた場合もその情報が必要になります。こちらもお忘れなく。 パスポート情報(出入国情報)の整理    こちらは日本で給与所得がある方、2014年度に日本から赴任された方、米国から海外に赴任された方は、クリスマスのお休みにご自分のパスポートをごらんになって、どの日に出入国されたのかを、ご自分のノートに列記しておいてください。こちらも面倒な情報ですが、必要になります。 アメリカ領事館でのパスポートの公証    2014年度の申告でITIN(納税者番号)が必要なかたは、お子様あるいは奥様の(ITINが必要になる方)のパスポートのコピーを公証してもらってください。こちらは約1年間は有効になります。ITINとは、ソーシャルセキュリティ番号がもらえない方が、税金の控除を取るために必要な番号です。 寄付、旅費、交際費などのレシートの整理    お休みのときに、一年間のレシートの整理をしましょう。また、いらない衣服や、電化製品などは、年末までに寄付をして、控除を多くしましょう。また、2014年ないに送られてきた、税務関係の通知、また、予定納税の支払い記録に関してももれがないように整理しておきましょう。 日本のご両親に孫への教育資金の生前非課税贈与を相談する    今、日本では、孫に合計1500万円まで教育資金ということで非課税で生前贈与することができるようになりました。もし日本に年末に帰られる予定があり、ご両親がそのような余裕がある方は、ぜひご相談してください。アメリカでの教育資金にも使用できます。 雇用者の準備: 年末のグロスアップ(駐在員を雇用している場合)    グロスアップと呼ばれる通常の給料以外の所得を年末の給料に含めてしまう作業をすることをお勧めします。この作業を行うと税務申告書の作成を簡略化でき、作業がスムーズに進みます。こちらはベストプラクティスです。ぜひお使いの会計事務所にご相談ください。 ペイロール会社の切り替えを考慮する    これにより、タイムカードを押す変わりにPC、スマホ、又はタブレットを使いネット上で打刻を行い、労働時間や有給の計算はネット上で自動化され、給与明細も各従業員がネット上で閲覧する事ができるので、こうすることで、コストの節減につながり、また勝手がわかるお使いの会計事務所だけに連絡することで、作業の煩雑化がなくなります。年末のペイロール会社の変更は、とても切りがいいので、ぜひご考慮ください。もちろん弊社でも全米各州でこのサービスができるようになっております。 最近は、会計事務所でも、大手の給料計算の会社に取って代わって、給料計算をリーズナブルな価格でできるようになりました。加えて、インターネットベースの給与 プロセスのシステムを使用する事により、労働時間の管理もネット上で行う事が可能となります。   この記事は、読者の理解を深めるための目的で書かれており、規則の完全に正確な説明ではありません。問題があると感じられるかたは、必ず専門家と相談されて取られてください。また、この記事に関するご質問は、kfujimoto@cdhcpa.com までご連絡ください。弊社(CDH会計事務所)のウェッブサイトであるwww.cdhcpa.com もご参照ください。電話でご質問があるかたは、(630)253-0215までお気軽にお電話ください。