Latest Posts

Surviving Spouse

Wedding

Not sure whether to laugh or cry… A recent decision by the US Court of Appeals demonstrates the importance of making sure your new spouse is truly divorced before he/she marries again.  Otherwise it can spell disaster for the surviving spouse. http://www.sccourts.org/opinions/HTMLFiles/SC/27308.pdf … Continue reading

Making the most of your business’s NOL

If during 2013 income tax return filing you found that your business had a net operating loss (NOL) for the year, the news isn’t all bad. While no one enjoys being unprofitable, an NOL does have an upside: tax benefits. In a … Continue reading

Foreign Bank and Financial Accounts Report

Foreign Bank

Foreign Bank and Financial Accounts Report (FBAR) on FinCEN Form114 (Formally known as Form TDF 90.22-1) –アメリカ国外口座情報開示義務について– FBARは確定申告ではありませんが、海外資産開示義務制度により対象者はUS Department of Treasury(米国財務省)にオンライン又は電子送信で報告する義務があります。 FBARの報告義務が発生する条件は、 アメリカ市民、永住権保持者および居住者である。 アメリカ国外に金融口座を所有している、または口座のサイン権がある。 (銀行口座、財形・企業年金口座、会社名義の口座のサイン権も含まれます。) アメリカ国外金融口座の累計残高が年間のある時点で$10,000を超える。 (個々の口座の最高残高が$10,000未満でも他口座との累計が$10,000を超えれば対象。) 上記3点を満たす方は金利収入等は確定申告書フォーム1040のスケジュールBに記載し、別途財務省のホームページからFinCEN FORM 114を用いて金融機関名とその住所、口座番号、年間の最高残高を6月30日までに報告しなければなりません。延長申請はできませんのでご注意下さい。また今年からFinCEN FORM 114 はオンライン又は電子送信での受付のみとなりましたので、確定申告書フォーム1040を郵送申請される方も、FinCEN FORM 114だけは電子送信で行う必要があります。その場合はFinCEN FORM 114の電子送信承諾書にご署名ください。 この開示義務を怠ると一年毎に最高$10,000の罰金が課され、もし意図的と判断されると残高の50%か$100,000のいずれか高い方の罰金や刑法上の罰則など、さらに重いペナルティーが課される可能性があります。 日本人の駐在員の方々の多くはこの開示義務の対象に該当します。また、アメリカで収入の無い専業主婦の奥様もアメリカの居住者であればFBARの対象になりますのでご注意下さい。もちろん日本に居住の奥様も夫婦合算申告を選択されている場合は対象となります。 又、過年度においてこの開示義務を怠ってしまった場合、Offshore Voluntary Disclosure Programという各種加算税や賦課金等のペナルティを軽減できる可能性がある自己申告制度もありますのでご相談下さい。

Fraud Tip of the Week: Protect Yourself When Conducting Internal Investigations

Internal Investigation

If you receive a tip that fraud may be occurring in your business, your impulse should be to act and to act quickly.  It is important to deal timely with any allegations or suspicion of wrongdoing in your organization.  If there is … Continue reading