Koh Fujimoto

Koh is the Principal-in-Charge of the International Practice. He concentrates his practice in the areas of financial statement audits, transfer pricing and internal audit services. http://www.cdhcpa.com

Hong Kong backs heightened tax transparency and fight against tax evasion

Hong Kong indicated it will support the new automatic exchange of tax information to improve tax transparency and fight cross-border tax evasion, overseen by the Global Forum on Transparency and Exchange of Information for Tax Purposes. This is in line with many … Continue reading

Posted in International Business | Tagged | Leave a comment

「どの州で死ぬのが得するの?-州の相続税」

アメリカでは、どの州で死ぬかで税金が大きく違ってきます。だからどの州で死ぬのかを、今から計画しないといけないんです。自分で書いていてもおかしな内容だと思うのですが、まずは下記をお読みください。 Continue reading

Posted in Japanese Blogs | Leave a comment

「あなたにも絶対できるーCPA試験合格」

MBA,CPA,弁護士、CFE (公認不正検査士)、CIA(公認内部監査人)の五つの資格を私は、いままでに取りました。MBAというのは、正確には資格ではなく、学位ですが、そこは大目に見てください。最初にMBAを取得したのが、20代の終わりでした。米国の弁護士資格は40代の半ばでした。最初から、こんな数の資格を取ろうと思っていたわけではありません。今思うと、結局、これだけ取ったんだという、感慨があるだけです。その中で、今回は、CPAの資格について説明します。 Continue reading

Posted in Japanese Blogs | Leave a comment

Year End Tax Prep for 2014 Tax Returns

「年末に絶対しないといけない税務申告の準備項目」 そろそろ感謝祭、クリスマスと続くアメリカのホリディシーズンですね。年が明けると、すぐに税務申告のシーズンがやってまいります。年明けというのは、いろいろ忙しい時期です。そんな時期に、税金の準備であたふたしないように、このホリデイ・シーズンを利用して、年末までにしておきたい税務申告の準備についてご説明します。 納税者の準備: 海外の情報の取得    日本にある賃貸物件の収支、固定資産税の支払い記録、日本の金融講座の情報(最高残高、利子所得、配当所得)、住民税の支払い記録などを集める作業を開始することをお勧めします。特に日本に年末に戻られる予定がある場合はなおさらです。これらの情報は、税務申告には必要なものです。早めにアクションを取りましょう。なかには取得に時間がかかるものがございます。また、2014年度に10万ドル以上の贈与、相続を受けた場合もその情報が必要になります。こちらもお忘れなく。 パスポート情報(出入国情報)の整理    こちらは日本で給与所得がある方、2014年度に日本から赴任された方、米国から海外に赴任された方は、クリスマスのお休みにご自分のパスポートをごらんになって、どの日に出入国されたのかを、ご自分のノートに列記しておいてください。こちらも面倒な情報ですが、必要になります。 アメリカ領事館でのパスポートの公証    2014年度の申告でITIN(納税者番号)が必要なかたは、お子様あるいは奥様の(ITINが必要になる方)のパスポートのコピーを公証してもらってください。こちらは約1年間は有効になります。ITINとは、ソーシャルセキュリティ番号がもらえない方が、税金の控除を取るために必要な番号です。 寄付、旅費、交際費などのレシートの整理    お休みのときに、一年間のレシートの整理をしましょう。また、いらない衣服や、電化製品などは、年末までに寄付をして、控除を多くしましょう。また、2014年ないに送られてきた、税務関係の通知、また、予定納税の支払い記録に関してももれがないように整理しておきましょう。 日本のご両親に孫への教育資金の生前非課税贈与を相談する    今、日本では、孫に合計1500万円まで教育資金ということで非課税で生前贈与することができるようになりました。もし日本に年末に帰られる予定があり、ご両親がそのような余裕がある方は、ぜひご相談してください。アメリカでの教育資金にも使用できます。 雇用者の準備: 年末のグロスアップ(駐在員を雇用している場合)    グロスアップと呼ばれる通常の給料以外の所得を年末の給料に含めてしまう作業をすることをお勧めします。この作業を行うと税務申告書の作成を簡略化でき、作業がスムーズに進みます。こちらはベストプラクティスです。ぜひお使いの会計事務所にご相談ください。 ペイロール会社の切り替えを考慮する    これにより、タイムカードを押す変わりにPC、スマホ、又はタブレットを使いネット上で打刻を行い、労働時間や有給の計算はネット上で自動化され、給与明細も各従業員がネット上で閲覧する事ができるので、こうすることで、コストの節減につながり、また勝手がわかるお使いの会計事務所だけに連絡することで、作業の煩雑化がなくなります。年末のペイロール会社の変更は、とても切りがいいので、ぜひご考慮ください。もちろん弊社でも全米各州でこのサービスができるようになっております。 最近は、会計事務所でも、大手の給料計算の会社に取って代わって、給料計算をリーズナブルな価格でできるようになりました。加えて、インターネットベースの給与 プロセスのシステムを使用する事により、労働時間の管理もネット上で行う事が可能となります。   この記事は、読者の理解を深めるための目的で書かれており、規則の完全に正確な説明ではありません。問題があると感じられるかたは、必ず専門家と相談されて取られてください。また、この記事に関するご質問は、kfujimoto@cdhcpa.com までご連絡ください。弊社(CDH会計事務所)のウェッブサイトであるwww.cdhcpa.com もご参照ください。電話でご質問があるかたは、(630)253-0215までお気軽にお電話ください。

Posted in Japanese Blogs | Leave a comment

「アメリカ国籍を放棄する米国人が急増中」

なんと2013年度でアメリカ国籍を放棄した人が、前年に比べて2倍以上に増えているという。数としては、3000人弱になる。また2014年の第一四半期では、この数字は、1001人になった。このペースでは、2014年は、4000人がアメリカを離脱することになる。これは、2013年度の数字の33%増である。 有名なケースで、フェイスブックの創立者の一人であるエドワルド・サヴァリン氏である。かれは、ブラジル生まれだが、結局米国からシンガポールに国籍を移した。また、歌手のティナ・ターナーも米国籍を捨てている。 なぜ、これだけの数の人が「アメリカン・ドリーム」の米国を捨てて、ほかの国に移るのであろうか? アメリカの市民権を持つと、全世界の所得をリポートしないといけない。実は、このルールはアメリカ人で外国で働く人にあまり知られていなかった。最近のスイス銀行のスキャンダルや、FATCA法で、この義務が広く認識されるようになったために、とてもそんな面倒なことはできないと、離脱が増えている。 アメリカの所得税率が高い。州税と合算して、上記の全世界の所得に対する課税を考えると、外国所得の控除の制度があっても、高率になり、アメリカの市民権を維持しておく意味がない。 外国金融口座のリポーティング:この義務も最近脚光を浴びている。毎年6月30日までに、米国以外にある金融口座の詳細をリポートしないといけない。こちらも税金についてあまり詳しくないアメリカ人にとっては頭痛の種である。 外国金融口座のペナルティ:ルールを知っていながら、上記の報告義務を怠ると意図的にルール破りをしたと大変なペナルティがかかる。何百万ドルの資産があっても、ペナルティが2,3年分続くだけで、全ての資産がなくなってしまう。このペナルティから逃げる意味で国籍を放棄している人もいると考えられる。 外国の金融機関に嫌われるから:ヨーロッパなどでは、アメリカ人と言うだけで、口座を開くことを拒否されるという。それは、FATCA法などで、外国金融機関が米国にリポートしないといけない義務が多くあり、そのコストとエクスポージャーもあるからである。 6、アメリカ人だけの理由で、テロで標的にされる。最近のイスラム国の処刑シーンで、恐怖感はますます大きくなっている。 アメリカの国籍を離脱する場合は、過去5年間連邦の税務上の義務を果たしていたことを証明しないといけない場合がある。多くは、全世界で資産が200万ドル以上ある場合や、連邦税を5年間の平均で$155000以上支払っている場合にこれが該当する。また、出国税には、ゲインの控除として、$668,000があることも忘れていはいけない。また、このルールは永住権を過去15年間で8年以上保持していた人にも該当する。 いかがであろうか? 読者でアメリカ国籍を持たれている人は、どのように考えるのであろうか? 次回は、アメリカ国籍を捨てない理由をいうのを考えてみたい。 この記事は、読者の理解を深めるための目的で書かれており、規則の完全に正確な説明ではない。問題があると感じられるかたは、必ず専門家と相談することを薦める。また、この記事に関するご質問は、kfujimoto@cdhcpa.com までご連絡を。弊社(CDH会計事務所)のウェッブサイトであるwww.cdhcpa.com もご参照を。電話でご質問があるかたは、(630)253-0215までお気軽にお電話ください。

Posted in Japanese Blogs | Leave a comment